手汗対策.com|手汗の原因と抑える方法を知る

手汗対策!手汗を抑える方法を徹底検証

手を繋ぐずっと僕の手のひらは周りの友達と同じだと思っていました・・・

 

小学生の低学年のイベント、フォークダンスで女の子と手をつなぐことになりました。女の子の手はさらさらで汗をかいていませんでした。ところが僕の手は汗で湿っていました。

 

相手の女の子は嫌がるそぶりを見せずに手をつないでくれたので、そのままフォークダンスをすることができました。でも、なんだかとても恥ずかしいことだと小学生ながらに考えていました。

 

小学校高学年の時に友人たちと腕相撲をしました。なんとなく弱いからという理由で腕相撲をしない方向にもっていきました。この時にはすでに僕は手汗を他の人よりもかきやすいんだということをはっきり認識していたようです。

 

高校の文化祭の打ち上げでもボウリングでストライクを出した!でもハイタッチができませんでした。初めての彼女とのデート。手をつなぐことをためらってしまいました。

 

どうしても手汗がひどいと握手、ハイタッチみんなが普通にしていることをするのにも気をつかってしまいます。

 

大学でアメリカに交換留学をしました。アメリカでは人と会うたびに握手をします。握手をした後相手が僕のことをどのように思っているのか気になりました。

 

僕はあなたと同じ手汗でずっと悩んでいます

 

当サイトは下記に当てはまるあなたのための情報サイトです

 

手汗のせい人との接触が怖い!

手汗をかかなかったらもっと人生を楽しめそう!

 

それでも僕は30歳までなんだかんだで手汗と付き合いながら生きてくることができました。様々な方法を試して克服することができました!

 

当サイトの管理人である僕は多汗症(手汗)を専門にしているドクターよりも手汗で悩むあなたの気持ちがわかります。

 

もしも、今手汗に悩んでいるなら当サイトを参考にして少しでも過ごしやすい日常になればうれしいです。私は手術が怖かったので手術をしていませんが、あまりにもひどい場合は手術をすることを検討してみても良いかもしれません。

 

手汗とは
手のひらに大量の汗をかくいわゆる手汗は、多汗症の一種で医学的に”手掌多汗症”と呼ばれ、疾患の一つとして認知されています。

 

多汗症とは、気温が高くなくても、あなたが運動していなくても大量に発汗する状態のことを指しています。多汗症の方の中には汗が文字通り手の平から流れ落ちる方もいます。

 

多汗症はたいてい、手の平・足の裏・腋の下に影響が出ます。日常生活に支障をきたすことに加えて、多汗症は、社会不安や対人関係でのきまり悪さを経験することがあります。

私が実践した手汗を抑える方法

手汗を完全に止めることは手術をしない限り難しいのではないのかなぁと私は考えています。多汗症でない人も緊張すると多少は汗をかくものです。

 

そこで、手汗を完全に止めることはあきらめて、手汗を抑える方法を色々と試してきました。

 

まず今すぐできる手汗対策としては下記の3つの方法が効果的です。

 

手汗専用の制汗剤を使う

市販されている手汗専用に作られた制汗剤を使用します。これが一番即効性があり、効果があります。お金もそんなにかからないのでおすすめです。

 

手汗がひどいと困る状況の時、例えば彼女や彼氏とのデート前にさっと使用しておけば手汗のことを気にせずにデートを楽しむことができますね♪

 

気持ちを変える

ある意味吹っ切れるのがいいかもしれません。あまりに手汗のことを気にしすぎると余計手汗がひどくなってしまうので、できる限り気にしないようにしましょう。

 

ただいきなり自分の気持ちを変えるのは難しいと思います。両親に話してみるとか友人に話してみるとかちょっとしたことで、手汗なんてたいした問題じゃないんだなという気持ちになります。

 

ハンカチを持ち歩く

普段からハンカチを持ち歩くようにしています。握手をするときにポケットに入れているハンカチでさっと拭くだけでも気持ちの面で随分変わります。ただ、私の場合手を拭いてもすぐに汗がでるので本当に気休め程度です。

 

さっぱりしたいのであれば汗拭きシートやボディペーパーを携帯しておくとすっきりできますね。

生活習慣の見直しも効果抜群!

食生活手汗を抑えるために日ごろから健康的な生活習慣を過ごすようにしています。

 

上記の手汗の対策と合わせて行うことでかなりあなたの手汗は改善すると思います。またにおいが気になる方は特に意識的に行ったほうがよいでしょう。

 

ジャンクフードばかり食べる、全く運動をしない、毎日夜更かしをするなんてことは言語道断ですよ!

 

一時的に行うのでは意味がありません。継続的に行うことが大切です。

 

手汗や多汗症に効果的な生活習慣

  • 野菜と果物をたくさん食べる
  • あなたが食べるものはあなた自身を表すことになります。

  • 1週間に2、3回の運動をする
  • 日頃から身体を動かして、代謝を良くしましょう。また、ストレスの発散にもなるのでおすすめです。

  • 1日最低でも7時間は眠る
  • 睡眠はあなたの健康に大きく関わります。睡眠不足は、ストレスの原因にもなり精神衛生上よくありません。