カフェインと発汗の関係

カフェインは汗を誘因するもの

カフェインはコーヒー豆、お茶、ソフトドリンク、ココア、チョコレートに多く含まれる植物生成物です。また、カフェインは、風邪、アレルギー、痛み止めの薬に含まれていることがあります。

 

カフェインは身体にどんな影響があるの!?

カフェインは、中枢神経システムに影響を与える刺激物として働きます。そのカフェインの影響は、摂取してから15程で現れ、最高で6時間程継続することがあります。

 

適量(170ml-360ml)のコーヒー摂取は、集中力を高め眠気を取る作用があります。適量の摂取しかしていない人にはほとんど副作用が現れることはありません。

 

カフェインは、心拍数、体温、血流、血圧、血糖値、胃酸分泌、尿量の増加させることああります。また、目まい、低血糖症、筋肉振戦、息切れ、尿中ケトン、眠気、喉の渇き、精神錯乱、興奮、不眠症、食欲不振、口の乾き、視覚のぼけを経験することがあります。

 

カフェインは酔いを醒ます効果はありません。

 

カフェインの副作用

カフェインの摂取は過度な緊張、汗、震え等のような不安に関係した感情になってしまうことがあります。

 

汗が気になるという方はカフェインの摂取量を意識的に控えるようにしましょう。

 

適量のカフェイン摂取は、長期的なデメリットはありませんが、大量の摂取(1,800ml)を長期間習慣的に行うと、妊娠時の問題、胸焼け、腸活動の変化が現れることがあります。

 

大量のカフェイン摂取によって睡眠不足になったり、身体の疲労のサインを見逃すことになります。カフェインは疲労回復効果はなく、感情的な疲労を防ぐことはできません。

 

鬱、不安、不眠症、高血圧、心臓疾患、慢性的胃のもたれ、肝臓疾患の治療を受けている方は、カフェインの摂取を避けた方がよいでしょう。

 

カフェインは中毒性が高く摂取を急に辞めると、頭痛、興奮性、緊張、吐き気、便秘、筋肉の張りを引き起こすことがあります。これらの症状は、カフェイン摂取を辞めてから12〜24時間後に現れて、たいてい1週間程度続きます。徐々にカフェインの摂取量を減らすことをおすすめします。

カフェイン量目安

製品名 カフェイン含有量
ミルクチョコレート 7mg
コーヒー (180ml) 100mg
コカコーラ 46mg
モンスター 160mg
レッドブル 80mg

関連ページ

ストレス
ストレスと汗の関係について解説しています。