制汗剤で手汗を抑える

制汗剤っで手汗対策(多汗症)ができる!

制汗剤は汗と身体のにおいを制御するためのデザインされた製品です。

 

制汗剤は、安全にそして効果的に汗と身体のにおいをコントロールする成分が含まれています。

 

それらは店頭やインターネットですぐに手に入れることができて、スプレータイプ、スティック帯タイプ、クリームタイプなど様々な種類があります。

 

制汗剤とデオドラントの違い
制汗剤とデオドラントしばしば同じものとして扱われるますが、実際は全く効果が違う異なる製品なのです。

 

制汗剤は、汗とにおいを二つの方法で制御します。ひとつは、汗が肌の表面に届くのを予防します。ふたつめは、抗菌性の成分を通して、身体のにおいを引き起こす細菌を減らすことです。

 

一方、デオドラントはこの内ふたつめのにおいを減らすための細菌を減らす成分しか含まれていません。汗の流れをコントロールすることはできないのです。

 

制汗剤とデオドラントのどちらにも多くの場合、身体のにおいを隠すためのフレグランスが含まれていることがあります。

 

制汗剤はどうやって効果がでるの!?

制汗剤が肌につけられると、アルミニウム塩のような制汗作用のある成分が腋の表面の汗や水分を溶解してくれます。その溶解された物質はジェルを形成します。

 

それが汗腺の表面に一時的な小さなプラグとして働くことで、肌の表面に分泌される汗の量を大幅に減らすことができます。お風呂に入って流すことでこの制汗作用のあるジェルは取り除かれます。

 

制汗剤は腋の下の汗を減らすことができますが、身体の体温をコントロールする自然の能力に作用することはできません。つまり、制汗剤を使用しなければ汗をかくということです。

 

制汗剤にはどんな成分が含まれているの!?

制汗剤には汗を抑え人を清潔、涼しく、いいにおいにするためのいくつかの成分が含まれています。いくつかのロールオンタイプ、スプレータイプ、ジェルタイプのものにはアルコールが含まれています。

 

制汗剤やデオドラントの主要な成分はしばしばアルコールに溶解されいます。そうすることで、肌への浸透が早くなり、効果がすぐに現れます。

 

アルミニウム塩

アルミニウム塩は制汗剤の主要な成分のひとつです。それは、汗腺から肌の表面への汗の流れを減らす役割があります。

 

スプレータイプやロールオン式の制汗剤には、クロルヒドリキシアルミニウムが含まれることが多く、一方スティックタイプやジェルタイプではアルミニウムジルコニウムと呼ばれるアルミニウム塩が使用されることが多くなっています。これらの塩は、汗を制御するのに安全で効果的です。

 

塩化アルミニウムは、そこそこひどい多汗症や発汗の多い方に使われる強いアルミニウム塩です。肌の炎症が副作用として現れることがありますが、製品の説明をしっかり読んで使えば問題なく使用することができます。

 

抗菌薬

肌は汗を好むバクテリアの最高の住まいで、それによってにおいがでます。腋の下などのような閉塞部位においては、1cm当たり100万の細菌がいると言われています。肌の細菌の数を減らすことで、身体のにおいを減らすことができます。抗菌薬は、細菌を殺し、長期間においを抑えることができるよう細菌の成長を遅くすることができます。

 

上記で解説したアルミニウム塩は自然の抗菌薬でもあり肌の細菌を殺すことができます。アルミニウム塩を含まない高い効能があるデオドラントを入手することもでき、特別につくられたトリクロサンやポリヘキサメチレンビグアニドのような抗菌薬の使用に頼っています。

 

アルコールもまたバクテリアの殺菌に効果がある成分になっています。

 

石鹸と水だけでは腋の下から細菌を取り除くことは不十分で、そのために多くの人が、日常のルーティンとしてにおいを減らすために制汗剤やデオドラントを使用しています。

 

フレグランスと肌のコンディショナー

フレグランスは、身体のにおいを隠して、爽快感を与えるために多くのデオドラントや制汗剤で使用されています。

 

また、多くの制汗剤には肌にうるおいを与え、柔軟にするための皮膚軟化オイルが含まれています。ロールオン式やスティックタイプのものでは、このオイルが、肌につけたときのすべる感じを出しているのです。

 

制汗剤に含まれる成分としては通常グリセリンやひまわり油のような植物由来の油が使用されます。また、多くの制汗剤には製品が乾燥して固まらないようにオイルが含まれています。

 

このようにして、肌や服に製品の残骸が残らないようにしています。自然のミネラルであるシリカが使われることもあります。この成分は肌につけたあとにべたべたする感覚を減らすことができます。

 

担体物質

制汗剤が肌に効果的につけれるように、それらは運べる構造をしていないといけません。例えば、スプレータイプに使われる液体やスティックタイプに使われるような固体です。

 

水は多くの制汗剤で他の成分を運ぶ役割を果たすために使われています。水は、ロールオンタイプやクリームタイプの製品に流動性を与え、肌に広がるような役割を果たします。スプレータイプの製品では、簡単肌にスプレーで着るように水が中性液体としての役割を果たすシクロメチコンのような成分が使用されます。

 

このシクロメチコンは、しばしばジステアルジモニウムヘクトライトのような少し固い鉱物粘土と合わされることがあります。そうすることで成分が底にたまらないようにしているのです。

 

同様に固体タイプの制汗剤には形を形成して、成分が分散することを避けるための物質が使用されています。水添ヒマシ油、グリセリン脂肪酸、ステアリルアルコールのような成分を組み合わせることで固体にすることを可能にしています。

 

また、いくつかの制汗剤にはポリエチレングリコールという成分が含まれています。これによってお風呂やシャワーで簡単に成分を落とすことができるようになっています。

 

パラベン

パラベンは多くの肌のケア製品に含まれる保存料です。しかし、制汗剤は自己保存が可能なので、あまり含まれていません。